七五三参り祈願について

七五三のお祝いは、古くは「髪置き」「袴着」「紐(帯)解き」のお祝いといっていました。

「髪置き」は3歳の男女の祝いで、赤ん坊の時剃っていた髪をもう赤ん坊でないという意味から、髪を伸ばしはじめるという儀式です。「袴着」は5歳の男児の祝いで、初めて袴を穿くという儀式。「紐解き」は7歳の女児の祝いで着物の付紐を取り去り帯に替える儀式です。

つまりその年齢まで成長し、一歩大人になったことを神さまに奉告、感謝しこれからの成長とさらなる健康をお祈りするおまつりです。


松陰神社では、ご祈祷ご参列の皆様方と職員の安全を考慮し、感染防止対策をとりつつご祈祷をおこなっております。(感染防止対策について>>

尚、昇殿人数は1グループあたり6名様まで(未就学児除く、但し席は6席)とさせていただいておりますので、ご了承ください。(グループの数え方について>>)

又、発熱、倦怠感、風邪症状などをお感じの方は、症状が改善されるまでご祈祷参列について延期をお考えくださいますようお願いいたします。

お申込み方法

混雑緩和の為、予約を受付しております。受付期間、時間帯など詳しくは「ご祈祷の予約について」をご覧ください。

当日も受付しておりますが、混雑緩和の為、昇殿人数やグループ数を制限させていただいております。当日の予約状況、混雑状況により長時間お待ちいただく場合や、ご案内できない場合もございます。できる限りご予約くださいますようお願いいたします。

ご祈祷申込用紙が授与所前にございますので、ご記帳のうえ初穂料を添えて守札授与所までお申込みください。

※予約でご来社の場合も、当日申込用紙へのご記入をお願いしております。

受付日時

受付時間:午前9時~午後3時50分(社務所休務日を除く)

祈祷開式時間:9時30分が1回目。以後30分刻みでおこないます。最終午後4時開式。各回の10分前にそれぞれの受付を締め切ります。

予約の方は当日20分前にはご来社いただき受付をお済ませくださいますようお願いいたします。

七五三参りは本来11月15日の行事ですが、現在では10月末から11月中旬にかけて御来社の方が多いようです。 ご家庭での諸事情もございますので七五三の時期以外でも七五三参りのご祈願をお受けできますが、七五三の時期以外に御来社の場合、徹下品類(千歳飴など)のご用意が出来ない場合がありますので、ご了承くださいますようお願いいたします。

※令和2年度は混雑緩和の為、早めのお参りもお考えください。千歳飴は9月12日(土)よりご用意できる予定でおります。

外出を控えておられる方の為、引き続き郵送での祈祷も受付ております。

初穂料 授与品
金一万円~ 七五三参りお守り
七五三参り縁起物(風車)
七五三参り絵馬
参拝記念品3点
七五三参りお守り
七五三参り縁起物(風車)

 

 

風車は風に向かって勢いよく回ることからお子様が様々な事に果敢に挑戦し、元気に成長して欲しいとの願いが込められています。

七五三参り絵馬
金五千円~ 七五三参りお守り
参拝記念品2点
 七五三参りお守り

※ご祈願した方にお渡ししている授与品は、守札授与所での頒布は致しておりません。
ご祈祷についてのよくある質問もご参考ください。

七五三ファミリー撮影会開催について

令和2年度も撮影会が開催予定です。詳しくはこちら>>


このページの先頭へ