ご祈祷についてのよくある質問

当日申込も受付しておりますが、混雑緩和の為、出来るだけ予約をお願いしております。昇殿人数、グループ数などに制限をもうけておりますので、当日申込の場合、混雑状況、予約状況によっては、長時間お待ちいただく場合や、ご案内ができない場合もございます。

詳しくは「ご祈祷の予約について」をご覧ください。

当日申込の方、予約申込の方とも当日来社の際にご祈祷申込用紙への記帳をお願いいたします。
差し支えない範囲で祈願内容やお名前などをご記帳いただき、守札授与所へ初穂料とともにお申し込みください。

ご祈祷受付時間:9時~15時50分(社務所休務日を除く)

※1回目が9時30分開式。以後30分刻みで執行しており、16時から開式の回が最終回となります。各回の10分前にそれぞれの受付を締切ります。(予約の方は20分前にはご来社いただくようお願いしております)

尚、ご祈祷申込書一枚につき祈願内容はお一つとさせていただいております。

ご祈祷はご神前にて執り行われる神事です。本来は正装でのご参列が正式です。(日常生活で目上の方に、正式にご挨拶に伺う際の服装を参考にお考えいただくと良いかと思います。)
平服(ジャケット未着用で襟付シャツのみなど)にてもお受けは致しますが、極度の軽装(短パン、ビーチサンダル、タンクトップなど)で、ご神前にご案内するのには相応しくないと当社が判断した場合には、受付をお断りしております。予めご了承くださいますようお願いいたします。

初穂料とは神様へのご奉納であり、ご祈祷を受けるなどの改まった際には熨斗袋に包んで持参するのが正式です。熨斗袋の表書きは「初穂料」や「玉串料」などと記載します。
また水引が「花むすび(蝶結び)」や「鮑結び」など「結び切り」ではないものを用い、熨斗もついた袋を使用するのが一般的です。
簡易熨斗袋をこちらからダウンロードできますのでご利用ください。(PDF:64KB)
※ちなみに、結婚式の場合は水引は「結び切り」や「鮑結び」を用います。

※接触機会減少の為、クレジットカードの使用も可能です。

・  個人祈祷  :  5000円より
・  会社、団体等:10000円より
とさせていただいております。詳しくは諸祈願のご祈祷についてをご覧ください。

混雑緩和の為、予約を受付しております。詳しくは「ご祈祷の予約について」をご覧ください。

祈祷予約時間の20分前にはご来社のうえ申込用紙の提出をお願いしております。

祈祷待合室は祈祷時間の20分前から入室が可能です。

ご祈祷神事にかかる時間は約15分程度です。

ご祈願のご本人様だけでなく、家族などお連れ様もご一緒にご昇殿、ご参列できます。ただし、混雑緩和の為、昇殿人数を制限させていただいておりますので1グループあたり6名様まで(未就学児除く。但し座席数は6席)とさせていただいております。

代参でのご祈願も受付ております。その際、ご祈祷申込用紙には祈願者本人のお名前をご記帳ください。

神社境内内に駐車場(有料、台数20台)がございます。
詳しくは、神社へのアクセス情報をご参考ください。
尚、御祈祷をお受けの方への特別な駐車サービスなどはありません。


このページの先頭へ