境内案内

境内には松陰先生の御墓所の他、模築の松下村塾や縁故者より奉納の石燈籠が立ち並び神々しい霊域です。

御社殿

神社創建時に伊藤博文、山縣有朋、井上馨、乃木希典、等の方々によって造営された社殿は現在本殿の内陣となっています。現在の社殿は昭和2年から3年にかけて、明治の元勲や崇敬者の方々によって造営されました。

松陰先生他烈士墓所

松陰先生他烈士墓所境内墓域には、吉田松陰先生の墓碑をはじめとして、頼三樹三郎、小林民部、来原良蔵、福原乙之進、綿貫次郎輔、中谷正亮、其の他烈士の墓碑があります。 文久三年(1863)正月。高杉晋作、伊藤博文、山尾庸三、白井小助、赤根武人等は、松陰先生の亡骸を千住小塚原回向院よりこの世田谷若林大夫山の楓の木の下に改葬し、先生の御霊の安住の所としました。同時に頼三樹三郎、小林民部も同じく回向院より改葬。その数日後、来原良蔵の墓を芝青松寺から改葬。同年十一月、福原乙之進を埋葬。 禁門の変の後、長州征伐の際に幕府によって松陰先生以下の墓は破壊されましたが、木戸孝允等の手により明治元年(1868)に松陰先生以下の墓を修復し、更に綿貫治良助を埋葬、中谷正亮を芝清岸院より改葬、長州藩邸没収事件関係者の慰霊碑を建立しました。 明治2年整武隊長官が鳥居より墓前に至る道に石を敷いて参拝に便ならしめ、かくして墓域は完成し、忠魂の鎮座することとなりました。
①松陰先生他烈士墓所
 
②来原良蔵妻和田春子墓碑
 
③子爵野村靖並びに夫人墓碑
 
④中谷正亮源實之墓碑
 
⑤長藩第四大隊戦死者招魂碑
 
⑥木戸孝允寄進の鳥居
 
⑦徳川家奉納の水盤と石燈籠
 
松陰先生他烈士墓所
吉田寅次郎藤原矩方(天保元年~安政6年)
長州藩士、号は松陰。年少より大義を唱え、松下村塾を主宰、明治維新の原動力となる有為の青年を多数輩出した。安政の大獄により刑死。小塚原回向院より改葬。享年30歳。
小林民部少輔(文化5年~安政6年)
鷹司家家士。尊皇の志篤く国事のことに奔走。主君を攘夷派に転換させるなどしたが、安政の大獄にて捕らえられ獄死。小塚原回向院より改葬。享年52歳。
頼三樹三郎某姓醇(文政8年~安政6年)
儒者、本姓は橘、頼山陽の三男。尊王の大義を唱え安政の大獄により刑死。小塚原回向院より改葬。享年35歳。
来原良蔵多々良盛功(文政12年~文久2年)
長州藩士。尊王攘夷を唱え横浜の外人襲撃を謀ったが、藩世子に過激を戒められ切腹。芝青松寺より改葬。享年34歳。
福原乙之進大江信冬(天保8年~文久3年)
長州藩士。討幕を策し、江戸刈谷藩邸にて古河藩兵に襲われ自刃。此の地に埋葬。享年27歳。
綿貫治良助(天保7年~元治元年)
諱は直秀、長州藩士。禁門の変により江戸長州藩邸没収の際幕吏と争い自刃。此の地に埋葬。享年29歳。
長州藩邸没収事件関係者慰霊碑
禁門の変の後、長州は各所の出先機関などが没収され、江戸藩邸も没収された。藩邸員は拘禁され、諸藩、諸家に預けられたが、多くは預け先で病死した。この事件で関連した犠牲者は防長回天史では51人となっている。碑には、48人の名前が刻まれているが、そのうち事件に関係し亡くなった方は45人。
来原良蔵妻和田春子墓碑 没後松陰先生墓域に埋葬。明治8年。
子爵野村靖並びに夫人墓碑
子爵野村靖(天保13年~明治42年)
16歳の時松陰に師事、尊攘の事に奔走する。明治になり特命全権大使岩倉具視に随行して欧米各国を視察、帰朝して外務省に出仕。神奈川県令、逓信次官、枢密顧問官、フランス外交公使等を歴任し、第二次伊藤内閣内務大臣、第二次松方内閣逓信大臣を勤める。遺言により松陰先生墓域内に埋葬。享年68歳。 明治44年夫人を埋葬。
中谷正亮源實之墓碑
中谷正亮源實之(文政11年~文久2年)
長州藩士。松陰なきあと松下村塾を監し、義挙を画策したが、江戸にて病死。芝清岸院より改葬。享年35歳。
長藩第四大隊戦死者招魂碑 長州藩第4大隊の戦士者招魂碑。明治37年桂太郎によって建立。桂太郎は慶応4年に長州藩第四大隊二番隊司令を命ぜられている。
木戸孝允寄進の鳥居 松陰先生墓域の入口に建てられている鳥居は松陰先生墓所の修復の際、木戸孝允によって奉納されたもの。「大政一新之歳、木戸大江孝允」と刻まれている。
徳川家奉納の水盤と石燈籠 禁門の変の後、長州征伐の際、幕府によって破壊された松陰先生墓所を明治元年、木戸孝允等が修復した。先生墓所前の葵紋のついた石燈籠(墓前前の内側の一対)と域内の水盤は墓所修復の挙を聞いた徳川氏から謝罪の意を込め奉納されたもの。(葵紋は、奉納当時金色であったと言われているが、現在は風化により紋は判別しにくくなっている。

石燈籠

石燈籠境内には毛利元昭公を始め、先生門下の伊藤博文、山縣有朋等の縁故者より奉献された32基の石燈籠があります。その燈柱に刻されている文字は書家竹山先生の所謂、八分隷書体に成るもので貴重な文化財とされています。
燈籠奉納者芳名
一、九尺一対公爵毛利 元昭一、八尺一基伯爵廣澤 金次郎
一、八尺一対公爵伊藤 博文伯爵林 博太郎
一、同上公爵山縣 有朋一、同上伯爵山田 英夫
一、同上侯爵井上 馨子爵品川 彌一
一、同上侯爵桂 太郎一、同上子爵青木 周蔵
一、八尺一基侯爵木戸 孝正一、同上子爵野村 靖
一、同上伯爵佐久間 左馬太一、同上子爵河瀬 真孝
一、同上伯爵乃木 希典一、同上子爵杉 孫七郎
一、同上子爵吉川 經健一、同上子爵曽禰 荒助
子爵毛利 元忠一、同上子爵長谷川 好道
一、同上子爵毛利 元秀一、同上子爵大島 義昌
子爵毛利 元雄一、同上子爵寺内 正毅
一、同上男爵吉川 重吉一、同上男爵井上 光
男爵小早川 四郎一、同上正七位入江 貫一
一、同上子爵大村 徳敏一、八尺一対藝備協会
男爵毛利 五郎敬称略

社務所

社務所現在の社務所は平成8年1月から平成9年10月にかけて造営されたものです。

松下村塾

松下村塾松陰先生の教育道場であった松下村塾は、叔父の玉木文之進が天保13年(1842)寺子屋を開いて、松下村塾の看板をかけたのが村塾の名の起こりです。塾長は玉木氏が公務多忙の間、久保五郎左衛門が安政4年(1857)まで引継ぎました。その後、松陰先生が再び投獄されるまで引き継ぎ、さらに玉木氏、兄の杉梅太郎らによって明治25年頃まで続きました。(玉木氏は明治9年死亡) 松陰先生は嘉永5年(1852)23才の時は半年ほど、安政2年(1855)26才の冬出獄(米艦に乗船を企てて投獄されていた)してから安政4年(1857)11月迄、杉家(松陰の実家)で子弟を教育していました。この月の5日にはじめて八畳一間の塾舎が完成することとなり、松陰先生はこの時から塾に起居し塾生に対し師弟同行の実際教育を指導しました。塾生が増加して手狭になったので安政5年(1858)3月、十畳半の増築がおこなわれました。松陰先生が名実共に公に認められたのは、安政5年7月20日、先生29才の時、藩主より家学(山鹿流兵学)教授を許可され、これから同年12月安政の大獄に連座し投獄されるまでの5ヶ月の間のことでありました。実際に先生が塾生に教育を施した年月は安政3年8月の頃より安政5年末に投獄されるまでの、通算2ヶ年半程であったようです。松下村塾で薫陶をうけた塾生はおよそ90名前後と言われており、久坂玄瑞、高杉晋作、前原一誠、山縣有朋、品川彌二郎、伊藤博文など明治維新を通して近代日本の原動力となった多くの逸材を輩出させたことは特に有名です。本神社にある松下村塾は山口県萩の松陰神社境内に保存されている松下村塾を模したものです。(土日祝のみ雨戸開放(午前9時から午後4時)但し風雨により開放しない場合があります。)

手水舎

手水舎現在の社殿と共に、昭和2年(1927)門下生であった明治の元勲其の他の崇敬者により造営されたものです。

神楽殿

神楽殿昭和7年、旧府社に昇格する際、毛利家より寄贈されたものです。平成12年には大改修され増築されました。

吉田松陰先生像

大熊氏廣作(鋳造:平成25年 ブロンズ) 明治23年に大熊氏廣氏によって製作された吉田松陰先生像(石膏 松陰神社所蔵)から鋳造されたブロンズ像。もとの石膏像は品川彌二郎等の助言を受け数度の改作の後、松陰先生親族等の満足を得るに至り完成したと伝えられています。当時銅像の建設を模索しましたが叶いませんでした。 松陰神社ご鎮座130周年(平成24年)の記念事業として東京藝術大学に依頼し、ほぼ一年をかけ石膏像の調査修復及びブロンズ像の鋳造をおこないました。平成25年4月完成。同27日の春季例大祭にあわせ完成除幕式が行なわれ境内に安置されました。※大熊氏廣(安政3年(1856)~昭和9年(1934))明治9年工部美術学校に入学し、教授として来日していたイタリア人彫刻家ラグーザに師事、明治15年首席で卒業。明治21~22年滞欧しファルギエール、モンテベルデ等に師事。日本における近代彫刻の先駆者。作品として靖国神社の「大村益次郎像」、東京国立博物館表慶館の「ライオン像」などが有名 。

神輿庫

神輿庫創建以来松陰神社には宮神輿がありませんでしたが、平成11年7月多くの方々の御奉賛をいただきまして「松陰神社宮神輿」が建造されました。平成11年10月24日には松陰神社例大祭にあわせた萩世田谷幕末維新祭りの際、第1回渡御が盛大に行なわれました。 台輪幅:二尺三寸(約70センチ) 高さ:約六尺(約180センチ) 屋根幅:三尺四寸(約110センチ) 材質:本体、彫刻ともに総欅造り 重さ:約200キログラム 担ぎ棒:5m(4本)、2.5m(2本)