厄除けとは?

厄年や厄除けの「厄」とは、古くはその年回りが神祭りを行なう神役をする年齢で、その「役」のことであるとも言われています。その役を行なうにあたり、神様に失礼のないように、飲食を慎み心身を清浄にする為にご祈祷を受けたのがはじまりで、それが現在の厄除けというかたちになってきたという説があります。

日本人は、「年」に特別な思いがあり、お宮参りにはじまり七五三参り、成人式を経て還暦や米寿などの年祝いを行ないます。「年」とは単なる時間の積み重ねというだけではありません。人生には様々な厄災があり、それを乗り越えていくことの難しさを日々の生活から私たちは学びます。だからこそ日々の生活を大切に「年」を重ねる喜びをかみしめ、神々に生かされていることへの感謝を忘れませんでした。

厄年は社会環境や身体の体調の変わり目の時期にあたることも多く、その為「厄年」は、悪い年だと考えてしまう方も多いですが、様々な支えによって生かされいる自分自身を見つめ直し、神社に参拝しご祈祷をうけることによって神様にこれまでの感謝と、これからのご加護を祈り、厄除けのお祓いを受けた清々しい心で新たに前向きな気持ちになる年と考えてみてはいかがでしょうか。

「厄年」(厄除け)
の年齢
厄年は数え年で男性が25歳、42歳、61歳で、女性が19歳、33歳、37歳の年回りを言います。その前後の年齢を「前厄」「後厄」と言います。その中で男性の42歳、女性の33歳は大厄と言われ特に意識されることが多いようです。

 

数え年は、生まれた年を1歳と数え、お正月を迎えるごとに年を重ねるという、日本人の信仰に根ざした習慣による年の数え方です。その年の誕生日をまだ迎えていない方は、自分の満年齢に2歳足した数、誕生日が過ぎている方は満年齢に1歳足した数がご自分の数え年です。     

令和元年
厄年表
男性 女性
前厄 本厄 後厄 前厄 本厄 後厄
24歳
平成8年生
25歳
平成7年生
26歳
平成6年
18歳
平成14年生
19歳
平成13年生
20歳
平成12年生
41歳
昭和54年生
42歳
昭和53年生
43歳
昭和52年生
32歳
昭和63年生
33歳
昭和62年生
34歳
昭和61年生
60歳
昭和35年生
61歳
昭和34年生
62歳
昭和33年生
36歳
昭和59年生
37歳
昭和58年生
38歳
昭和57年生
開運厄除けのご祈祷 松陰神社では開運厄除けのご祈祷(社殿でのお祓い)を受け付けています。
詳細は「諸祈願のご祈祷受付について」をご覧ください。     


このページの先頭へ